歯ぐきから血が出る 歯周病

  • トップページ
  • 当院の特徴
  • 理事長・スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 料金表 FEE
  • アクセス
  • 当院の特徴
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 料金表
  • アクセス

日本の国民病!? 成人罹患率80%?
歯を失う原因第一位の病気「歯周病」

日本人の成人のうち約8割が罹患していると考えられている感染症が「歯周病」です。また、歯周病は歯を失ってしまうリスクが高く、歯を失う原因としては虫歯をおさえて第一位。誰もがかかるリスクがあり、そして歯を失う可能性が高い歯周病は、成人であればしっかり予防をしておきたいお口の病気です。

大阪府吹田市の歯医者「あらかわ歯科・矯正歯科」では、MI(ミニマルインターベンション:低浸襲治療)をモットーに、できるだけ身体への負担が少ない診療を行っています。歯周病は進行すると、かなり体への負担が大きくなる病気です。ひどくなる前に、気になる症状があればお早めにご相談ください。

歯周病とは?

歯周病はプラーク(歯垢)に潜む歯周病菌が原因の、お口の感染症です。はじめのうちこそ、歯ぐきに炎症を起こす程度ですが、自覚症状がほとんどないままに進行し、歯を支える顎の骨(歯槽骨:しそうこつ)まで溶かし歯がグラグラし始めます。最終的には歯が支えきれずに抜け落ちてしまうこともあります。また、近年の研究では、糖尿病・早産・低体重児出産などとの関連が高く、心筋梗塞・心疾患・脳血管障害などの原因となっていることも判明しています。

こんな症状は歯周病のサイン……

次のような症状があれば、歯周病になっている可能性があります。進行して大がかりな治療が必要となる前に、お早めに当院へご相談ください。

  • 疲れると歯ぐきが腫れやすくなった
  • ブラッシングしていると歯ぐきから血がでる
  • 歯を指や舌で触るとグラグラする
  • 歯ぐきから膿が出ている
  • 歯ぐきが下がり、歯が長く見えてきた
  • 歯と歯の間に食べかすが詰まりやすくなった
  • 口臭がひどくなった

歯周病の進行と治療法

歯ぐきの状態と歯周病の進行具合
健康な歯肉
ピンク色で引きしまっています。歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)もほとんどないか、浅い状態です。
歯肉炎
歯肉に腫れが見え、ブヨブヨしています。ブラッシング時に出血することがあります。痛みなどの自覚症状がないため、気づかれないことがほとんど。歯石除去と適切なブラッシングで健康な歯肉に戻りやすい状態です。
軽度歯周炎
歯と歯ぐきの接触している組織が破壊されています。歯周ポケットも形成され、内部にプラークや歯石が溜まり始めます。歯槽骨も溶かされはじめていますが、まだ痛みなどありません。治療は、歯周ポケット内部から歯石やプラークを取り除く方法となります。
中等度歯周炎
歯周ポケットがさらに深くなり、炎症もひどくなってきています。ここまでくると、多少自覚症状が出て、歯ぐきに腫れや歯が動く感じがするようになります。ここまでくると、麻酔を施して歯ぐきを切開するような処置が必要になってきます。
重度歯周炎
歯周病の最終段階です。歯ぐきが大きく下がり、歯を支える歯槽骨も半分以上溶かされています。そのため、歯が大きくグラつき、しっかり咬むこともできません。ここまで悪化すると抜歯してインプラントや入れ歯といった補綴(ほてつ)治療を行うことになります。
歯周病の治療

歯周病治療の基本は、歯面や歯周ポケット内部に溜まった歯石やプラークをしっかり取り除くこと。軽度であれば丁寧なブラッシングやクリーニングによって改善することがあります。ただし、プラークが石化した歯石はブラッシングだけでは取り除けませんので、歯科医院で取り除く必要があります。歯石除去には、歯周ポケットの深さに応じて、スケーリングやルートプレーニングといった処置を行います。

スケーリング
スケーラーと呼ばれる特殊な器具で、歯にこびりついた歯石を取り除きます。スケーラーには、超音波スケーラーやハンドスケーラーなどがあります。
ルートプレーニング(SRP)
歯周ポケット内に溜まった歯石のうち、スケーリングで取り除けなかったものをキュレットという器具で取り除きます。歯石除去後、歯の表面をツルツルに仕上げてプラークや歯石の再付着を防ぎます。

ドクターからのワンポイントアドバイス

「自分も歯周病かも?」と思われた方や、治療をしているのになかなか良くならないとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。歯周病はプラークの除去(プラークコントロール)が非常に大切ですが、セルフケアだけでは不十分なケースがほとんどです。早期発見のためにも、当院の定期検診やプロケアを受けて、歯周病をしっかりコントロールしましょう。

歯周病には予防歯科のプラークコントロールが効果的虫歯になりたくないなら予防歯科に通いましょう

このページの先頭へ