なぜメインテナンスが重要?

  • トップページ
  • 当院の特徴
  • 理事長・スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 料金表 FEE
  • アクセス
  • 当院の特徴
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 料金表
  • アクセス

予防効果を高めるために、正しい歯科知識を身につけましょう

虫歯歯周病は、一度治療を行っても再発するリスクがあります。そのため、治療後も継続してメインテナンスを続けることが大切です。メインテナンスには、歯科医院の予防歯科、で受けられる定期検診やPMTCなどのプロケアと、ご自分で毎日行うセルフケアがあります。この2つは、両立してこそ相乗効果が高まります。

大阪府吹田市の歯医者「あらかわ歯科・矯正歯科」では、患者様が効果的な予防メインテナンスを実現するために、しっかりとプロケアを提供するとともに、ご自宅で行えるセルフケアのアドバイスも行っています。ブラッシングの仕方がわからない、もっと上手にブラッシングできる方法を知りたいという方は、お気軽に当院へご相談ください。その方にぴったりの方法をご提案いたします。

歯医者は悪くなってから通うところではありません

日本人の歯に対する意識は、先進国の中でも低い水準であるという指摘があります。どうして低水準だとされるのか、それは、各国の80歳時点での残存歯数を見ればご理解いただけるでしょう。

年齢80歳の各国残存歯数比較(2012年厚生労働省 国民健康白書統計)
スウェーデン アメリカ 日本
20本 13本 9.8本

歯科先進国であるスウェーデンと比較しても残存歯数に倍以上の開きがあるのです。この違いはいったいどこから来るのでしょう。ここで比較に挙げたスウェーデン・アメリカは歯科先進国。歯科受診の中心は、既に治療から予防へとシフトしています。一方日本では、まだまだ予防で受診する人は少なく、どこか歯に悪いところが生じてから歯科医院へ駆け込んできます。

歯科先進国では、多くの人がメインテナンスのために歯科医院を受診しています。その結果、病気の発症を未然に防ぎ、80歳になっても多くの自分の歯を残せているのです。高齢になると歯を失うものだというのは、過去の考え方です。私たちもお口の健康予防に努め、自分の歯をいつまでも失わずにいたいものですね。

お口の健康豆知識情報

お口のメインテナンス・予防といっても、正しいやり方、情報・知識を知らないと、正しい予防はできません。ここでは、お口の健康に重要となるキーワードについて、簡単にご説明しますね。

プラークって何? プラークコントロールとは?

歯科でいうプラークとは、歯垢のことで歯の表面に付着する粘性のある物質。バイオフィルムも同じものを指します。1mgのプラークの中には1億もの細菌が存在し、虫歯や歯周病の病原菌も多く生息しているため、プラークの量が病気の進行具合を左右します。また、プラークは石灰化して歯石になると、歯石表面のデコボコがさらなるプラークの付着を招きます。私たちは、お口の病気を防ぐために、プラークを溜めないようにしなくてはなりません。

ブラッシングをはじめとするデンタルケアの目的は、この細菌の集まりであるプラークを除去するプラークコントロールにあります。特に歯周病治療・予防では、プラークコントロールがイコール歯周病コントロールにつながります。当院では、歯科医院でしか行えないPMTCなどのプロケアもご提供しています。

ブラッシングのベストタイミングっていつ?

ブラッシングは、PMTCとともにプラークコントロールに欠かせません。毎日頑張って磨いている方も多いでしょう。しかし、そのやり方、タイミングが間違っていると、あまりよい効果は期待できません。さらに、近年の研究では、食後の酸性に傾いたお口では、歯の表面のエナメル質が柔らかくなっており、すぐにブラッシングを行うと、エナメル質に傷をつけて本末転倒となることもあると指摘されています。

ブラッシングに関しては、歯科医院・歯科医師ごとに考え方が異なる部分はありますが、大阪府吹田市の歯医者「あらかわ歯科・矯正歯科」では、朝起きてすぐと就寝前の2回のブラッシングを推奨しています。日中起きている間は唾液が分泌され、お口の中が浄化されているからです。一方、睡眠中は唾液の分泌が少なくなり細菌の繁殖が進みがち。そのため、起床時のお口からプラークを落とすこと、就寝前に細菌を減らし、細菌のエサとなる食べかすを取り除くことが大切になると考えています。

妊娠中の方に気をつけてもらいたいお口の変化

妊娠中は、ホルモンバランスの変化によって、身体にさまざまな変化が生じます。口腔内環境もそのひとつ。特に、女性ホルモンの増加は、歯周病菌の増殖を促すため、歯周病になりやすいのです。妊娠中の歯周病が問題なのは、早産や低体重児出産などのトラブルにつながるため、お母さんのお口の中だけに留まらないトラブルだということです。

当院の取り組み

妊婦の方向け資料ダウンロード

当院では妊娠中の方や赤ちゃんが生まれたばかりの方に向けて、院内新聞の発行やよくあるご質問をまとめた資料をお渡ししています。

※画像をクリックでPDFファイルをご覧いただけます

妊娠中の口腔内環境の悪循環
つわり 唾液の減少 免疫力の低下
これまでどおりのデンタルケアができなくなります。食事も細切れになると、さらに口腔内環境は悪化します。 お口の洗浄効果がある唾液の分泌量が減少してしまいます。 妊娠中は免疫力が低くなってしまうため、虫歯や歯周病といった病気が進行しやすくなります。

……こんな対策も

普段どおりのデンタルケアは無理でも、とにかく、食べかすやプラークをお口に溜めないことが重要。洗口剤や歯みがき剤によるブラッシングが難しいなら、殺菌作用があるカテキンを含む緑茶などで、食後しっかり口腔内を洗い流しておきましょう。可能であれば、フッ素やキシリトールを活用することもおすすめです。

妊娠中の歯科治療は、安定期に入る数ヶ月間しか行えません(緊急時を除きます)。しかし、事前にしっかり予防することができますので、これから妊娠を予定されている方、妊娠中の方は、ぜひ一度当院の予防歯科・定期検診などを利用して、健康なお口をキープしておきましょう。

実践! 歯科医院での定期検診・PMTCを活用してみましょう虫歯になりたくない 予防歯科

このページの先頭へ