子どもの歯のケアをしたい 小児歯科

  • トップページ
  • 当院の特徴
  • 理事長・スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 料金表 FEE
  • アクセス
  • 当院の特徴
  • スタッフ紹介
  • 医院案内
  • 料金表
  • アクセス

小児歯科で子どもの歯をしっかり守る

大阪府吹田市の歯医者「あらかわ歯科・矯正歯科」では、お子様の歯の健やかな成長を見守る「小児歯科」を扱っています。当院では、虫歯になった子どもの歯の治療だけでなく、将来的にお口の健康を維持できるよう「予防」にも力を入れています。

当院には、お子様連れでも安心のキッズスペース付き個室があり、多くの親御さんにご好評いただいています。スタッフが子守をすることもできますので、他のご兄弟や親御さんの歯の治療時にも安心してご来院いただけます。お子様の歯に何か心配なことがあるなら、お気軽に当院へご相談ください。

乳歯を虫歯から守ってあげましょう

「乳歯は永久歯に生え替わるから虫歯になってもかまわない」、そんなふうに考える親御さんはもういないのではないでしょうか。しかし、乳歯が虫歯になると、永久歯が虫歯になる確率が10倍にもなるといわれており、実は大人以上に注意しなければいけないのです。とはいえ、小さなお子様は自分でしっかりケアして虫歯を防ぐことは難しいので、親御さんが守ってあげる必要がでてきます。お子様が将来、自分でお口の健康管理をするようになったとき、親御さんに感謝するような予防ケアをしておいてあげたいものですね。

ここがポイント!子どもの歯の虫歯予防歯予防

子どもの歯を虫歯にしないためには、年齢別に次のような点に注意してあげましょう。

0~2歳 乳歯萌出前期
哺乳瓶で甘い飲み物(イオン飲料・乳酸飲料・野菜ジュース・清涼飲料水)を与えないようにしてください。親御さんの仕上げみがき、フッ素化合物の塗布などが有効です。
2~3歳 乳歯列完成前期
ブラッシングと洗口ができるようになりましょう。どちらも練習と習慣付けが必要です。親御さんの仕上げみがき・フッ素塗布は欠かせません。甘いものなど間食の摂り方は習慣になりますので要注意。
3~6歳 乳歯列完成後期
年に数回、歯科医院で定期検診を受け、フッ素塗布を受けましょう。4歳くらいからは、自宅で行うフッ素化合物洗口を開始し、永久歯が生えそろう14歳くらいまで続けましょう。
6~12歳 永久歯列萌出期
虫歯になりやすい6歳臼歯は念入りにブラッシングを。シーラントは効果的です。フッ素化合物を使った洗口は継続してください。上顎の前歯にはデンタルフロスを使用。虫歯になる原因や仕組みを正しく理解し、自分で虫歯予防ができるようになりましょう。
12~16歳 永久歯列完成期
市販の洗口剤を使えるようになります。プラーク(歯垢)・歯石についての知識や、歯周病に関する知識などを身につけましょう。歯科医院での定期検診を通して、自分自身で口腔内の健康管理ができるようになりましょう。

当院の小児歯科

子どもの歯には2つの重要な役割があります。一つは食べ物を咬むこと、もう一つは永久歯が生えるためのスペースを確保することです。虫歯になると、これらの重要な役割が果たせないばかりか、お口の中で虫歯が広がってしまうことがあります。できるだけ早めに治療すること、そして治療が必要になる前に、小児歯科の予防処置を活用して虫歯にならないようにすることが大切です。

当院の予防処置

生えたての歯は乳歯も永久歯も歯質が未成熟で、柔らかく、虫歯になりやすいのが特徴。生えた直後に予防処置を行うのが大変効果的です。

当院では、虫歯の予防処置として、虫歯の進行を止めるお薬、虫歯になりやすい奥歯の咬み合う溝を歯科用プラスチックで埋めるシーラントや、フッ素塗布といった処置をご用意しています。虫歯予防は一度しただけでずっと虫歯にならないというものではありません。虫歯予防は思っている以上に難しく、定期的な歯科受診で適切な処置を受けるようにしましょう。

乳歯が抜けるタイミングがおかしい?

乳歯はいずれ永久歯に生え変わりますが、永久歯が出てくるタイミングと合わないこともあります。抜けるのが遅すぎると「晩期残存」といって、永久歯が生えてくるのを邪魔してしまうことがあります。また早くに抜けてしまうと、永久歯が正しい位置にまっすぐ生えてこられなくなることもあります。いずれも、歯科医院での定期検診などで歯科医師にきちんと診断を受けて、適切な処置が必要です。

子どもの歯の矯正はいつからはじめるべき?

子どもの矯正治療は、2つの段階に分けられます。第一段階は、永久歯への生え変わり管理や口腔内のバランスを整えるために顎を広げる治療。第二段階は、生え変わった歯を適切な位置に移動させる歯列矯正です。顎を広げる矯正治療がうまくいけば歯列矯正が必要なくなるケースもあります。いずれも、体が成長する力をうまく使うため、大人の矯正よりも短期に、身体への負担を小さく行えます。矯正治療の必要性や始めるタイミングを見極めるためにも、治療開始に関わらず、できるだけお早めにご相談ください。

正しい咬み合わせのために~3歳児からの受け口治療(ムーシールド)~

子どもの反対咬合=受け口の改善は、3~4歳から行えます。受け口の改善は早期治療で高い効果を発揮し、遺伝による骨格性の受け口でもかなりの効果が期待できます(100%の保証はできませんが)。ムーシールドは、寝ている間にお口の中に装置をつけるだけの非常に簡単な矯正装置。数ヶ月から半年ほど使用していただき、改善が確認できてからも後戻りがないようトータルで1年間ほど使用していただきます。

ドクターからのワンポイントアドバイス

乳歯が生えている状態で永久歯が生えてくることがあります。そのようなケースでは、早めに抜歯をしないと歯並びが乱れてしまうことがよくあります。当院では、適切なタイミングで抜歯するなど、永久歯の生え変わりをよりスムーズにするための処置をしっかり行います。虫歯予防の処置もかねて、早めに定期検診をご利用ください。

お子様の歯並びに気になるところがあるならこちら歯並びが気になる、矯正歯科

このページの先頭へ